菜々緒さん主演の「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」がスタートしました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女優の菜々緒さん主演のドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」が4月14日にスタートしました。
挿入歌にはSexy Zoneの曲が使われ、そのメンバーが新入社員として出演しています。

菜々緒さんプロフィール(概略)

本名は荒井菜々緒で、20歳の時に格闘技のラウンドガールやレースクイーンとして芸能活動を本格化しました。

またファッション雑誌からのレギュラーモデル起用が転機となり、グランプリ受賞やファッションモデルとしての地位の確立、そして2011年に女優デビューとなりました。

現在も各種ファッション誌やテレビCM、ドラマ、バラエティー番組などを舞台に幅広く活動しています。

バラエティー番組においては、歯に衣着せぬ物言いとストレートなキャラクターが好評を得たことで、出演が急増したそうです。

また菜々緒さんは出演にも積極的な姿勢を見せ、出演する際の姿勢として「テレビに出ている時は「可愛い」とか「綺麗」とか言ってもらえるより「面白い」と言われる事の方が何より嬉しい」と語っており、その姿勢がテレビ業界関係者からも高い評価を得ているそうです。

菜々緒さんは“超絶美脚”と言われる美脚がトレードマークとなっています。

2012年には“最も美しい素足を持つ女性”として「素足ビューティーアワード」の初代を受賞されました。

同年には篠田麻里子やローラ、および栗山千明と並んでの「ネイルクイーン」の受賞もあったそうです。

Sexy Zoneについて

Sexy Zone(セクシー ゾーン)は中島健人、菊池風磨、佐藤勝利、松島聡、マリウス葉の5人組男性アイドルグループです。

所属芸能事務所はジャニーズ事務所で、2011年9月29日に結成されました。ジャニーズ事務所代表取締役社長のジャニー喜多川は、マイケル・ジャクソンのセクシーさをイメージしてSexy Zoneというグループ名を決定したことと、メンバー選考は男としてのセクシーさを重視したことを明かしています。

またドイツ人の父親と日本人と中国人のハーフの母親を持つマリウス葉をメンバーに加えたことについて「国際性を持たせたかった」と語られているそうです。

また、今年の8月25日~26日に放映される24時間テレビ41のメインパーソナリティを務める予定です。

メンバーの佐藤勝利さんはこのドラマで新入社員として出演されます。

まだ20歳を過ぎたばかりの若手を演じておられ、ドラマでは過酷な社員研修から始まって、彼の演技に大いに期待を寄せられるでしょう。

ドラマの挿入歌としてイノセントデイズが使われます。このCDシングルは今年の6月6日に発売予定です。

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子とは

菜々緒さんが演じる「Missデビル」の異名を持つ人事コンサルトの・椿眞子が、企業を“破壊”して改革を進めていく姿を、コメディータッチに描かれています。

菜々緒さんのパブリックイメージにもなっている“悪女”を超えた“悪魔”っぷりにも注目です。

ドラマは、米国で仕事をしていた時代に、会社に必要ない人間は容赦なくクビにし、「Missデビル」の異名で恐れられていた眞子が、大手損害保険会社「共亜火災」で発生するセクハラ、パワハラ、派閥争い、モンスター社員といった問題を、悪魔のような大胆な方法で解決していく1話完結のストーリーとなっています。

新入社員の斉藤博史(佐藤勝利さん)は新入社員研修で眞子と出会い、眞子に振り回されながらも社会人として成長していきます。

第1話では、「共亜火災」に入社した博史が、就職活動中に親しくなった真冬(白石聖さん)や南雲(前田航基さん)、関内(山元直寛さん)と共に、入社式の日を迎えました。

彼らを待ち受けていたのは、「社員は家族」がモットーの会長・喜多村完治(西田敏行さん)、腹の奥を見せない社長・大沢友晴(船越英一郎さん)、心優しき人事部長・伊東千紘(木村佳乃さん)、そして、大沢の抜てきで「共亜火災」にやってきた椿眞子です。

翌日から、眞子が取り仕切る2週間の新人研修が始まりました。

初日に眞子は新入社員に退職願を書かせ、50人の新入社員を研修中に10人に絞ると宣言しました。

新入社員たちはランニングや穴掘り、仲間の欠点を挙げていくなど過酷な研修に疲弊し、30人以上が退職願を提出する事態となりました。

千紘は眞子に研修を中止するよう申し入れるが……という何とも過酷なストーリーが続きました。

今後は眞子の手先にさせられてしまうという博史ですが、眞子にビクビクオドオドしつつも社会人として一皮むけていく姿にも期待できます。

最後に

米国の企業では実際に会社が社員を簡単に辞めさせることができるそうですが、このドラマの中の新入社員から見れば、そのような経験を容赦なくさせられているのでしょう。
実際、日本では簡単に辞めさせることはできなくて雇用の偏在や産業構造の改革が進まないなどと言われていますが、本当に日本国内でドラマのような経験をさせられたら大ごとになりそうですね。
また菜々緒さんの演技は、彼女の性格やスタイルがドラマの内容に大いに合っていましたね。さすがです。
Sexy Zoneの皆さんもまだ20歳前後の若手のメンバーですので、今後の活動も頑張っていただきたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*