上野動物園でシャンシャンとシンシンの親子の最新映像が公開されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京の上野動物園で、4月24日にパンダのシャンシャンとシンシンの親子の最新映像が公開されました。

シャンシャンとは

生年月日は2017年6月12日の午前11時52分で、シンシンが出産しました。

出産当時の体重は150グラムほどで、ピンクの皮膚に白い毛がまばらに生えていたそうです。

性別はメスです。

2017年12月には上野動物園で一般公開もあり、1300人以上の来場者数となったそうです。

但し残念ながら、母親のシンシンと父親のリーリーは2011年2月に中国から来日してきたため、元々日本では国際取引上レンタルという扱いでした。

そのため、シャンシャンは外国で誕生した子と扱われるため、2年から4年を目途で中国に返還しなければなりません。

具体的な時期は中国側と今後協議となるそうですが、早ければ2歳の誕生日を迎える2019年6月に日本を離れる可能性があるとのことです。

(参考:日本経済新聞ニュース、東京都公式サイト)

今回の映像公開で

映像には、木の上で大きく口を開けてあくびをするシャンシャンの姿や、高い木の上から器用にするすると降りたり、また母親のシンシンとじゃれあったりなど、わんぱくで甘えん坊な様子が映っていたそうです。

またじゃれあう様子では、足を引っ張ったり寝ているところにちょっかいを出したりする姿も映っていたそうです。

なお4月15日に行った身体検査で、シャンシャンの体重は24.7キロになりました。

シャンシャンは一日のうち13~15時間ほど休息し、長いときには一度に8時間ほど眠ることもあるそうです。

(参考:テレビ朝日ニュース)

このニュースを通じて

シャンシャンも誕生してからかなり成長しましたね。

海外出身の動物が間近で見学でき、また映像も確認できて本当に喜ばしいことだと思います。

ただいずれは中国に返還となるのが残念ですね。

他国との取引の都合上やむを得ませんが、中国に戻った後も元気に成長してほしいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*