暴走族元幹部 木村孔次朗 大麻取締法違反の疑いで逮捕されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暴走族グループ「打越スペクター」の元幹部が、2017年に微量の大麻を所持した疑いが持たれていたとして逮捕されました。

木村孔次朗とは(概略)

木村孔次朗(以下 孔次郎)は、木村泰一郎と兄弟で、木村兄弟として恐れられている暴力団の一員です。

非常に頭は良いそうですが危なくてキレやすく、下克上が得意な自由人との説があり、六本木赤札軍団の中心人物でもあります。

2012年9月2日に六本木クラブ襲撃事件が発生しましたが、この事件で元々関東連合から狙われていたのはこの木村孔次郎でした。

しかし、当時の飲食店経営者だった藤本亮介さんを影武者に仕立て上げ、代わりに殺害させることで関東連合をハメたそうです。

関東連合は元々東京都世田谷区や杉並区の元暴走族の連合体でしたが、この事件で主要メンバーが逮捕され、関東連合そのものに大きなダメージを与えました。

この事件以前にも、木村兄弟は10代の頃から関東連合と争いを続けていたそうです。

特に在日系韓国人の金村剛弘(金 剛弘)氏がヤクザの世界に入った時が大ごとになり、特に2007年~2008年にかけて渋谷、新宿、池袋などで集団リンチや殺害を含む揉め事が相次いだそうです。

(参考:Wikipedia、Cosmicブログ、NAVERまとめ)

六本木クラブ襲撃事件の事件現場であるロアビル

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/六本木クラブ襲撃事件

木村孔次朗と木村泰一郎

引用:https://matome.naver.jp/odai/2141222376567359401

今回の出来事について

木村孔次郎(37歳)は逮捕された際、暴走族グループ「打越スペクター」の元幹部として報道されていました。

木村孔次郎は2017年2月28日午前0時半頃、東京都墨田区京島の路上で微量の大麻を0.01グラム所持した疑いが持たれていたとのことです。

また捜査関係者からの報告では、当時路上で停車している車の中にいた木村孔次郎を警察官が職務質問した際、灰皿から薬物を入れる袋が見つかったため警視庁が鑑定していたそうです。

しかし木村孔次郎は、取り調べに対して「知らない」と容疑を否認したそうです。

(参考:ANNニュース、産経新聞ニュース)

引用:https://www.dailymotion.com/video/x6izcur

まとめ

今回、暴走族に関する投稿を初めて実施させていただきました。

世の中の裏側の世界に関してですが、こうして纏めてみると今までこんなに恐ろしい事件が続いていたということが分かりますね。

情報収集の都合上、特に容疑者の概略についてはごく一部の内容しか挙げていませんが、実際は更に大きな事実が残っているみたいなので注意すべきニュースです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*