広石健 藤井昭男 稲川会の暴力団幹部が銃刀法違反の疑いで新たに逮捕されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月13日、警視庁と神奈川県警は新横浜の「武器庫」ビルに拳銃を隠した疑いで、稲川会系暴力団幹部の2人を新たに逮捕しました。

この事件の経緯とは

今回逮捕されたのは稲川会系暴力団幹部の組長・広石健容疑者(55歳)と藤井昭男容疑者(44歳)です。

稲川会系暴力団の組員が居住する部屋は、横浜市港北区新横浜の事務所が入る6階建てビルに存在していますが、広石容疑者は今年の3月24日に、その部屋の浴槽の天井裏やロッカーなどに拳銃6丁と実弾百数十発を隠していた疑いが持たれていました。

また藤井容疑者も広石容疑者と共謀して、拳銃3丁と実弾を所持した疑いが持たれていました。

今回は警視庁の家宅捜索によりこれらの武器が押収されたため、銃刀法違反(加重所持)の容疑で広石容疑者らを逮捕することができたそうです。

このビルは広石容疑者が管理していたそうですが、捜査関係者によると、抗争に備えてビルを武器庫にしていたとみているそうです。

また警視庁は2人の認否を明らかにしていないそうですが、以前にこの事件では同じ暴力団の40歳の男を既に逮捕・起訴したことがあるそうです。

(参考:TBSニュース、読売新聞ニュース)

この事件を通じて

新横浜駅周辺は横浜アリーナ等で賑やかな街ではありますが、一方ではこのような危ない組織が存在しているわけですね。

ビルが丸ごと武器庫になってしまうとは、、いったいどんな相手との抗争を懸念していたのでしょうか。。

一般の人たちまで巻き込まれたらとんでもない迷惑行為になりますね。

横浜中心部では拳銃に関するニュースは暴力団関連以外ではあまり聞いたことがありませんが、今回のニュースで横浜がこんなに治安の悪い街なんだというイメージがつかないことをお祈りします。

執筆者の私は関東出身ですが、地方の方々から見ればこんなに都会は恐ろしいんだと捉えてしまってもおかしくないですからね。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*