伊藤彰吾 詐欺グループの現金受け取り役の疑いで逮捕されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月27日の午後、東京都内に住む女性から現金390万円をだまし取った疑いで、詐欺グループの現金受け取り役のリクルーターの男が警視庁に逮捕されました。

この事件の経緯とは

逮捕されたのは愛知県小牧市の職業不詳・伊藤彰吾容疑者(28歳)です。

伊藤容疑者は今年4月、既に逮捕されている別の男らと共に、東京都練馬区に住む女性(75歳)に対して、息子を装って「株で大損した」などとうその電話をかけ、現金390万円をだまし取った疑いが持たれているとのことです。

伊藤容疑者は詐欺グループの現金受け取り役、いわゆる受け子を勧誘するリクルーターで、受け子が得た報酬から一定の金額を受け取っていたということです。

取り調べに対して伊藤容疑者は、「仕事の紹介はしたが、オレオレ詐欺の仕事とは思わなかった」と供述しているそうですが、警視庁は余罪があるとみて調べを進めているそうです。

(参考:TBSニュース、日テレニュース)

この事件を通じて

この容疑者は何でこんな詐欺の行為に手を出すようになったのでしょうか。。

職業不詳の若手はこのような詐欺、殺人などと、反社会的な行動に出るのが普通になっていますね。

海外ではテロにまで発展するケースが多いですが、日本でさえこのような社会になりつつあるため、安心して生きていける環境でなくなりつつあります。

特に高齢になるほど被害にあいやすいためなおさらですね。

たいていは、日常のことで忙しい時にこのような詐欺の手口に引っ掛かりがちなため、このようなニュースを機に、常に緊張感を持つ癖をつけることが、日頃の対策になっていくものと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*