河野魁さん 北海道の知床岬で高波にさらわれて行方不明になりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月18日、北海道羅臼町で、歩いて知床岬に向かっていた大学生が高波にさらわれて行方不明となりました。

この事故の経緯とは

行方不明になったのは、横浜市の大学4年生の河野魁さん(21歳)です。

河野さんと友人の2人は8月18日午後4時頃、北海道の羅臼町相泊から知床岬の先端を目指して歩いていたそうです。

事故現場はトッカリ瀬という、満ち潮の時には水没する飛び石の岩礁を渡る難所とのことです。

この時、2人とも高波にさらわれたそうです。

友人は岩につかまって無事だったとのことですので、携帯電話の電波が通じる場所まで戻り、翌日19日朝に警察に通報されたそうです。

しかし、24時間以上経過した今でも河野さんの行方は分かっていないとのことであり、警察や海上保安庁などが捜索を続けているそうです。

(参考:テレビ朝日ニュース)

この事故を通じて

またもや海上で事故が発生しましたね。

大学4年生ということは、何か卒業旅行で北海道に出かけていた最中ということでしょうか。

お盆も終わり、オホーツク海側の知床の北側の海上は何だか危ないようなイメージがありますが、今回の行動の仕方は本当に危なかったのではないでしょうか。

まだ行方が分かっていないとのことなので非常に残念です。

親の役目も終え、来年度から社会人を迎えようとしていた時期にとんだ事故に遭いましたね。。

くれぐれも無茶な行動は慎んでほしいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*